実は、目のクマに効果的な薬があるということをご存知でしょうか?薬というからには、基本的には医師の処方でしか入手できないものもあります。では、どんな薬が目のクマに効くのでしょう?それは、「クマの種類」によって違います。例えば、腎臓などに疾患があると、血行が悪くなるので、目のクマが出ることがあります。そういう場合には、腎臓疾患を治すための薬が効果的ですよね。加齢に伴う黒クマの場合は、皮膚科で処方されるティーマインという塗り薬が効くようです。保湿効果もあるクリームなので、むしろ基礎化粧品のようなイメージのものですが、皮膚科の処方箋がなければ入手できません。眼精疲労などが原因の青クマに効果があるものとしては、ビタミン入りの目薬やマッサージです。目の疲れそのものを取り除き、こまめに目薬を利用して目の疲れがたまらないようにするという方法もあります。また、皮膚科で処方される血行促進効果の高いローションも、青クマには効果的です。目のクマに関しては、なかなか病気として扱ってもらえないケースが多いでしょう。ですが、前述したように、場合によっては内臓疾患が隠れているケースもありますから、そういった検査も積極的に受けた方がいいですね。それに、持病の治療のために使用している「血管を拡張させる薬」がクマを作っていることもありますので、まずは自分のクマの原因をはっきりさせることが重要と言えますー